監修医院ホワイトニングとはお勧めホワイトニングメンテナンス術料金表

ホワイトニングをすると凍みることがありますが・・・

歯のホワイトニング

ホワイトニングをして凍みるというのは、過去の話になりつつあります。

ホワイトニングをすると、一時的に歯が”脱水症状”を起こすために凍みるような感じが起こることがあります。

ただ、まったく凍みないホワイトニングというのは「効果が低い」こともあるので注意が必要です。薬剤を薄めて使っている医院もあります。

施術方法の問題ではなく、歯に亀裂が入っていたり、ムシ歯があったりして凍みることもありますので、専門家による事前の診査は欠かせません。

凍みてきた場合の対処方法をあらかじめ説明してくれる医院での施術が安心ですね。

凍みないホワイトニングの秘密

白い歯でいい笑顔ホワイトニングシステムは年々進化しています。

新しいタイプでは、高い効果を保ちながら、フッ素やミネラル成分を混ぜ込んで、歯を凍みさせないような工夫がなされるようになってきました。

また、凍みにくいように過酸化水素の濃度を下げる代わりに、効果が出やすいように触媒を混ぜているホワイトニングシステムも出てきました。


活性化ライトを使うシステムの場合は、熱の発生を抑えるタイプに注目が集まっています。

最近は、事前に歯の表面を強化処理して、凍みないようにしている歯科医院もあります。
また、あえて効果の低い方法を何回かに分けて施術する医院もあります。

何回かに分けて施術する医院の場合は、1回の金額に目を奪われてはいけません。
歯科医院で施術するオフィスホワイトニングで時々見受けられます。

■ この記事に関心のある方は、以下の記事も読んでいます